チーズケーキ

チーズケーキ ディーエフシー・フーズがお届けしている、NYスタイルのチーズケーキ。
今やたくさんのスイーツがある中で、ディーエフシー・フーズがこの味とスタイルにこだわる理由をこのページでお伝えしたいと思います。


『チーズケーキ物語』
その1 >>  その2 >>  その3 >>  その4 >>  その5 >>  その6 >>

チーズケーキ物語(その1) あの頃のままの正統派
  〜ベイビー・ワトソンのオリジナル・チーズケーキ〜


ディーエフシー・フーズは、1976年にチーズケーキの輸入を始めました。
弊社の創立者、アメリカ人のミルトン・コーヘンは、
アメリカのおいしいものを日本にたくさん紹介したい、
という強い想いを持っていました。



その頃の日本ではなかなか手に入らない、
本場アメリカの懐かしい本物の味。
その一つがチーズケーキだったのです。

アメリカ人は、チーズケーキが大好きです。
たくさんのお店がチーズケーキを作っています。
その分、味もクオリティも千差万別。
ミルトン・コーヘンは、自分たちが認めたものしか輸入しないという信念のもと、
「アメリカで一番おいしい」NYスタイル・チーズケーキを、日本に持って来ました。

それが、「ベイビー・ワトソン」のチーズケーキ。
ベイビー・ワトソンが、どれほどニューヨーカーに愛されていたかは、
当時の新聞記事などで知ることができます。



これは、ニューヨーク・チーズケーキコンテストの結果を報じる記事です。
ベイビー・ワトソンは、たくさんのチーズケーキの中から選ばれた、
「一番おいしい」チーズケーキというわけです。



ディーエフシー・フーズは、そのオリジナルを追い求めています。
今は人手に渡り、姿を変えてしまいつつある「ベイビー・ワトソン」の、
在りし日を知る工場長を探し当て、私たちが追い求めてきた想いを伝えました。
あの頃のすべてを知リ、こだわりと誇りを持つその工場長、アラン・ラファエルさんは、
私たちにオリジナルのレシピを、自らその手で伝えてくれたのです。





あの頃のオリジナルの味。
古き良き、あの頃のアメリカを伝える正統派のレシピ。
ディーエフシー・フーズのお届けするNYスタイルチーズケーキは、
皆様に本場アメリカを感じていただける一品です。

チーズケーキ物語

その2 >>