チーズケーキ

<< その2

チーズケーキ物語

その4 >>

チーズケーキ物語(その3) おいしさの秘密
  〜きちんと、じっくりと、正統派の味を〜


アメリカで「チーズケーキ」といえば、
代表的なのは「ニューヨーク・スタイル・チーズケーキ」。
サブレなどの生地の上に、クリームチーズや砂糖、卵黄などを
混ぜたものを流しいれ、オーブンで焼いたものが
「ニューヨーク・スタイル」と呼ばれます。

私たちディーエフシー・フーズが皆様にお届けしているのも、
この「ニューヨーク・スタイル・チーズケーキ」。
では、数あるニューヨーク・スタイル・チーズケーキの中でも
ベイビー・ワトソンのチーズケーキが、なぜおいしいのでしょう。

その理由のひとつは、まず良質なクリームチーズをたっぷり使った、
正統派のオーソドックスなチーズケーキだから。
その配合は、クリームチーズが50〜60%を超えています。



ごく当たり前のことを、当たり前に、きちんと積み上げること、
こうした正統派の味こそが、やはりベイビー・ワトソンの
オリジナルであり、アメリカらしさです。

そして、「低温で、長時間かけて、じっくりと」という
その焼き方にも、おいしさの秘密があります。
ディーエフシー・フーズでは、このベイビー・ワトソンの
オリジナル・レシピ、オリジナル製法を用いて、
さらに日本の皆様の口に合うように、
微妙にカスタマイズする方法を長年研究してきました。



ディーエフシー・フーズがお届けするニューヨーク・チーズケーキは、
こうした蓄積されたノウハウを活かし、良質なクリームチーズなどの
原材料が豊富なアメリカで製造し、輸入しているのです。

そういえば、「なぜ、ベイビー・ワトソンのチーズケーキはおいしいのか」、
ディーエフシーの担当者が、当時の工場長に尋ねたことがありました。

「その最も大きな理由はね…」と工場長は、
ウィンクしながら私たちに教えてくれました。
「原料を混ぜるとき、そこにニューヨークの空気が一緒に練りこまれるのさ!」



どうですか、皆さん。そんな本場のニューヨーク・スタイル・チーズケーキ、
味わってみたいと思いませんか。

<< その2

チーズケーキ物語

その4 >>