沿革

1975年7月、日本の食品業界のニーズに合わせ、米国において自社開発した食品材料を直輸入し、ホテル、レストラン、スーパーマーケット及び百貨店等へ販売することを目的として「デリフード・ジャパン株式会社」を発足させる。
以来、営業活動は全国におよび、取り扱い商品も、食肉製品からスープ、デザート類、厨房機器、食器類まで網羅する。
他方、社内においては「コンピューターによる受発注体制」と「機動力を備えた独自の流通方式」を設け、業界における基礎を確立した。
更に1979年9月、社名を「ディーエフシー・フーズ株式会社」に改称した。


1975年 7月

港区麻布台に創立。社名「デリフード ジャパン株式会社」

1976年 1月

港区芝浦に運輸部開設。業務拡大に伴い本社を港区南青山に移転

1978年10月

コンピュータによる在庫、業務管理開始
本支店間、倉庫間ファクシミリ接続、自社流通システム完成

1979年 9月

業界への浸透、類似品との混同回避の為、社名を変更、「ディーエフシー・フーズ株式会社」とする

1980年 1月

業務拡大に伴い、営業活動と物流活動を一体化し、より迅速なサービスと販売を行うため、港区海岸に本社を移転

1998年 6月

本社を新横浜に移転

2007年 5月

代表取締役として、立花準也が新たに就任